ACT距離計算ワークシート for Excel 2点間計算対応版

『ACT距離計算ワークシート for Excel 2点間計算対応版』は、『ACT距離計算ワークシート for Excel』の機能拡張版です。
従来の「ルート計算」、「最短ルート計算」、「到達圏計算」、「流入圏計算」に加えて、複数の発着間の距離計算をまとめて行う「2点間計算」機能が追加されています。
ACT距離計算サービスの機能を最大限に利用した高速な距離計算が可能です。

  • 発着地点の住所を入力し、2点間の距離計算を実行(1シートでの最大計算可能レコード数は100,000地点)
  • 計算用道路データを複数種類(普通車用/大型車用/歩行者用など)から選択可能
  • 計算方法(時間最短/距離計算)、高速道路(使用する/使用しない)パラメータを計算時に設定可能
  • 所要時間、距離のほか、通行料金、経緯度、検索住所レベルなども出力可能
(*) ACT距離計算サービスは、ACT距離計算シリーズの基本機能をインターネット環境で利用できるASPサービスです。詳しくは、「ACT距離計算サービス」 をご覧ください。

特徴

必要なソフトはExcelだけ

「ACT距離計算ワークシート」は、「ACT距離計算サービス」を利用して距離計算を行うための Excel テンプレートです。
インターネット環境さえあれば、専用アプリケーションやGIS/地図ソフトは一切必要ありません。

使い方が簡単です

お客様がお持ちの顧客リストや住所録などのExcelデータから地点名と漢字住所文字列を、「ACT距離計算ワークシート」にコピー&ペーストするだけで距離計算を行うことができます。

距離計算が正確かつ高速です

計算に使用する道路データには、財団法人日本デジタル道路地図協会が作成した道路ネットワーク情報を使用しています。
全国レベルでの本数が数百万本にも達するこの道路の速度には、法定速度ではなく実測速度や経験速度等を採用しているため、より現実に即しており、非常に正確です。また膨大な道路ネットワーク情報と速度情報は独自の方法により処理するため、大変高速です。
大型トラック・一般車両・歩行者等を想定した各種道路データが用意されており、用途に応じた使い分けが可能です。


市区町村統廃合に対応した住所検索が可能です

距離計算にあたり、漢字住所をもとに、最大で番地・号レベルまで住所検索を行い、位置(経緯度)を特定します。
住所検索に使用する住所データベースは、常に市区町村統廃合のデータを取り込みメンテナンスを行っていますので、新旧どちらの住所でも距離計算を行うことが可能です。


ご利用例

営業マンやメンテナンス要員のスケジュール作成

営業マンやメンテナンス要員が、江東区にある営業所を出発し、予め指定された順番で 豊島区→渋谷区→荒川区→港区 の顧客を訪問し、営業所(江東区)に戻るまでの所要時間や道のりを計算します。

工場から物を運ぶ物流トラックのスケジュール作成

江東区にある工場を出発し、配送予定の 豊島区・渋谷区・荒川区・港区 の届先に配送して工場(江東区)に戻ってくる。
このとき、もっとも短い時間で配送するための配送順序を計算し、その所要時間や道のりを計算します。

営業所から従業員宅までの通勤費の算出

港区にある営業所から江東区・豊島区・渋谷区・荒川区に在住している従業員宅までのそれぞれの距離を算出する。
その後、距離から燃費・ガソリン単価等を掛けて通勤費を算出します。


主な機能

「2点間計算」機能の他に、ACT距離計算ワークシート for Excelの機能が利用可能です。

詳細はACT距離計算ワークシート for Excel の主な機能をご覧ください。



動作環境

Windows 7、8.1、10 が動作するパーソナル・コンピュータ
マイクロソフトExcel2007以降
ACT距離計算サービスライセンス (*)
ホームページが閲覧できるインターネット環境 (*)

(*) このアプリケーション・ソフトウェアでは、「ACT距離計算サービス」を利用します。
「ACT距離計算サービス」は、ホームページと同じように、インターネット回線を通じてお客様にご利用頂く会員制の距離計算サービスです。
このため、このアプリケーション・ソフトウェアのご利用にあたっては、「ACT距離計算サービスライセンス」「ホームページが閲覧できるインターネット環境」の両方が必要となります。



価格

300,000円/台(税抜き)
(ご利用には、上記金額のほかにACT距離計算サービスの利用料金が必要です)


ページトップ